【2019年最新版】ドライブレコーダー駐車監視おすすめ10選

テレビやネットのニュースは
交通事故に関する報道が多くなっており、
ドライブレコーダーの需要が高まっています。

すでにドライブレコーダーを設置している人も
改めて綺麗に映像を記録できる製品など、
買い直すしを検討することが多くなりました。

しかし車の事故は、
運転中だけに起こるものではありません。

スーパーやコンビニなど
ちょっとした買い物での当て逃げや、
車上荒らしに遭うこともあるでしょう。

そこでドライブレコーダーを購入する人は
駐車監視機能を搭載した製品を探して
車内に設置しようと考えています。

今回は多種多様なドライブレコーダーから、
駐車時でも映像を記録する駐車監視機能付きの
ドライブレコーダー10製品をまとめて紹介。

これからドラレコを購入しようとする人や
駐車監視機能がどういうものかを知りたい人は
ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。




駐車監視の機能が標準装備のドラレコ最強ランキングTOP6


出典:https://www.diylabo.jp/

ドライブレコーダーといっても
多種多様な機能を持った製品があり、
価格帯からメーカーまで様々です。

非常に多い種類の製品があるため、
どれを選べばいいのか分からないといった
悩みに直面してしまうでしょう。

そこで今回は、駐車監視機能付きの
ドライブレコーダーに特化して
おすすめの製品を紹介していきます。

まずはこれから紹介する10製品を
一覧表にしてみましたのでご覧ください。

DRV-230VREC-DS600innowa Journey Plus コンボND-DVR20SLI-ALV360CARM-TF-2C720PZDR-015GoSafe S36GS1 GSS36GS1-32GHDR360GDRY-SV1050c
メーカーケンウッドパイオニアNH TechnologyパイオニアサイエルインターナショナルブロードウォッチコムテックPAPAGOコムテックユピテル
価格約12,280円約16,980円約23,880円約14,580円約12,300円約5,250円約24,574円約20,323円約27,598円約9,177円
本体サイズ62x51x37 mm21 x 14.2 x 5.8 cm8.75 x 5.4 x 2.8 cm78.5x68x40.7 mm310x100x30 mm300x83x16 mm3.25 x 9.65 x 6.2 cm2.3 x 9.7 x 5.6 cm5.2 x 6.6 x 11 cm21.2 x 16.2 x 5.8 cm
画素数1920×1080212万画素200万画素300万画素300万画素1920×1080200万画素200万画素340万画素200万画素

こうしてみれば、
本当にいろいろなドラレコが
販売されていることが分かるでしょう。

そして以下からは、
駐車監視機能付きのドライブレコーダー
おすすめの製品を6つランキング形式で
まとめてみました。

いずれも口コミなどで
高い評価を得ているドラレコですので、
まぜひチェックしてみてください。


1位:DRV-230【ケンウッド】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約12,280円(2019年2月時点)
取り付けタイプ一体型
本体サイズ62x51x37 mm
画素数1920×1080

ケンウッドのDRV-230は、
衝撃や動体を常に監視している
駐車監視録画に対応したドラレコです。

普段はエンジンを点けることで
録画が開始する常時録画タイプですが、
内蔵されたバッテリーのおかげで
駐車状態でも録画をスタートしてくれます。

録画が開始する条件は
衝撃や動体を感知した瞬間で、
約10秒間の映像を録画して保存します。

中華の商品が故障ばかりしていたので、少し高いですが日本製品を買ったら大当たり。初めて安心できるドライブレコーダーに出会いました。普通に使えるって幸せです。センサーの感度もバッチリ。

画像は非常に綺麗、少し離れた前車のナンバーもはっきり読めました。操作もしやすいですねー。モニター画面も時間設定で10秒~で夜間目に画面が入らず運転の邪魔になりません。ずーと表示しぱっなしにできます。

駐車監視が必要に迫られて、この製品にしました。ヒューズボックスからの電源引き込みも事前に作業内容を調べておいたので簡単にセットができました。

DRV-230の駐車監視機能は
別売りの車載電源ケーブルを接続することで、
最大24時間の監視ができるようになります。

そのため買い物での当て逃げはもちろん、
車上荒らしに遭ってもしっかりと映像を
記録して保存してくれます。

電源の引き込みは
難しく感じるかもしれませんが、
実際にやってみると簡単にできたと
口コミに目立っていたのも特徴的です。

CAR DVR 230

実際にDRV-230を使用して
記録した映像を紹介しておきましょう。

少し眩しく映っているように見えますが、
ナンバープレートなどの文字をしっかりと
視認することができています。

駐車監視機能も同様の映像が記録できるため、
万が一当て逃げや車上荒らしに遭っても
証拠として機能する映像が撮れます。

本体の大きさは比較的コンパクトですので、
運転の邪魔になりにくいのも特徴的。

軽自動車でも問題なく取り付けられますので、
車種を選ばらないドライブレコーダーです。


2位:VREC-DS600【パイオニア】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約16,980円(2019年2月時点)
取り付けタイプ分離型
本体サイズ21 x 14.2 x 5.8 cm
画素数212万画素

パイオニアのVREC-DS600は、
同社製カーナビと連動可能な
ドライブレコーダーです。

カーナビ本体から
記録した映像の消去や再生などができ、
そのほかの設定も可能になっています。

本体に内蔵された振動センサーで
イベント録画機能が起動しますので、
当て逃げなどに見舞われた際は
その時の映像をしっかりと記録します。

スバルの純正ナビ(楽ナビ)に取付けしました。ナビ本体からの配線等を引く必要が、あるため取付けの手間はかかりますが、施工後はウィンドウにカメラのみになり スッキリした感じになります。

ナビ連動なので画面をフロントガラス付ける事も無く、にスッキリ装着出来ました。

妻の車にも付けたのだけど(ミラココア)感度の違いなのか低感度にしても、(ギヤをD→Rにするだけでも)しょっちゅうピピッと鳴って写真を保存してるみたい。それぐらいかな。

VREC-DS600は分離型のドラレコで、
カメラを任意の場所に取り付けることが可能。

またコンパクトな設計になっているため
フロントガラスはもちろん、ダッシュボードなど
様々な場所に設置しても邪魔になりません。

何よりカーナビとの連動機能が魅力的で、
パイオニア製カーナビを使用しているユーザーは
迷わずVREC-DS600を選んでいるようです。

Carrozzeria VREC-DZ600 NIGHT RECORD

VREC-DS600を使用して
実際に撮影した映像を紹介します。

夜間での走行を記録したものですが、
目にしている光景そのままを
録画している印象を受けます。

光が当たる部分は明るく見えますが、
ナンバープレートが読み取れるため、
十分な性能を持っていることが分かります。

もしパイオニア製カーナビを使用していれば、
VREC-DS600以外の選択肢はないと言えます。

連動機能を搭載しているドラレコは
なかなか見られませんので、
おすすめの製品となります。


3位:innowa Journey Plus コンボ【NH Technology】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約23,880円(2019年2月時点)
取り付けタイプ一体型
本体サイズ8.75 x 5.4 x 2.8 cm
画素数200万画素

innowa Journey Plus コンボ
オート駐車モードという機能を搭載していて、
エンジンを切った後は自動的に録画を
スタートしてくれる機能になります。

他製品であればボタンを押して
切り替えなければならない場合がありますが、
ボタンを押し忘れることや手間がかかりません。

他にも無線LAN機能が搭載されていて、
スマホからでも映像を確認できるため、
便利な機能が多々備わっているドラレコです。

モニターも小さめの方が邪魔になることもない。運転しながらモニターを観るわけではなく 確認はスマホで観れますから。肝心なのは裏側のSONY製のカメラです。

2バランス電源直結で使用。前後カメラとも明度が暗目です。なので明るさを1.0上げてちょうどいいかなあという感じです。

広角で幅広く撮影されており、前の車のナンバーも読み取れる。リアカメラはフロントと比べると劣りますが問題無しです。WiFiを利用して映像確認や設定ができます。大変便利です。

画像では大きく見える製品ですが、
モニターは3インチと多く見やすくも、
コンパクトに収まっていると好評です。

何より無線LAN機能が絶賛されていて、
スマホから映像を確認できるだけでなく、
設定もできて便利なドラレコに。

また、ソニー製のイメージセンサー
採用しているため明るい映像が記録でき、
さらに広角レンズで160度の広い視界を
録画できるのも大きな特徴です。

高性能な駐車監視システムを導入!多機能すぎてヤバイ!【innowa】

innowa Journey Plusを使って
実際に撮影した動画を紹介しましょう。

取り付けから撮影映像の紹介がされていて、
映像はキレイに撮影できている印象があります。

何より取付工事が丁寧に紹介されていますので、
初めてDIYをしようと考えている人は
ぜひ参考にしてみてください。

無線LANを始めとした
多くの機能を搭載していますので、
コストパフォーマンスに優れた
ドライブレコーダーとなっています。

映像も綺麗に撮影できますので、
画質を重視する人におすすめです。


4位:ND-DVR20【パイオニア】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約14,580円(2019年2月時点)
取り付けタイプ一体型
本体サイズ78.5x68x40.7 mm
画素数300万画素

パイオニアのND-DVR20は、
フルHDを越えた2304×1296での
録画撮影に対応したドライブレコーダー。

駐車中に衝撃や動体を検知すると
録画を開始する駐車監視機能だけでなく、
運転中の危険な挙動を検知した際には
前後の映像を記録する危険挙動録画も搭載。

またLED信号機の明滅タイミングとずれた
フレームレートを採用していることから
信号機の色ハッキリと記録してくれるのも
特徴的なドラレコになっています。

この機種はフロントガラスへの内装の映り込みを偏光フィルターで打ち消してくれるので、とてもきれいに撮影できています。また、内蔵バッテリーがあるため、エンジン停止後も最大で50分間作動してくれるので、短時間の駐車中の当て逃げなどにも役に立てばと思いこの機種にしました。

やはりパイオニア。いざという時の保険的な商品ではあるが、撮った画像をPCで観ても素晴らしいと思う。ようやく独自のソフトも出来て、いい感じです。海外製の安物を買ったら後で後悔すると思いますよ。

ですが本体内蔵バッテリーを使用するので当然充電されていなければ機能しません。「最大約50分」と謳われていますがそれは満充電されてての話・・・通勤などのチョイ乗り(20~40分程度)ならほとんど充電されていませんので注意が必要です。(※駐車監視機能は手動でONに出来ますので普段はOFF、必要な時だけ作動させるのもありです)

駐車監視機能は本体内蔵のバッテリーで
起動する仕組みになっていることから、
満充電状態で最大50分間作動します。

それでも買い物くらいの時間であれば
十分に機能してくれるものですので、
重宝するドライブレコーダーに。

また偏光フィルターを搭載しているため、
映像には映り込みが少ないのも特徴的。

録画時の状態を鮮明に記録してくれますので、
十分きれいな映像を残してくれます。

ND-DVR20の取り付けから撮影までを
紹介した動画がありました。

偏光フィルターは調節が必要ですが、
簡単に調節できるようになっているため、
何も難しいことはありません。

また映像に関しても、
約300万画素の昼夜問わず綺麗で、
画質のクオリティは納得できるはずです。

比較的手にしやすい値段で
きれいな映像を撮影できる
ドライブレコーダーになります。

初めて購入するという人に
おすすめの製品となっていますよ。


5位:SLI-ALV360【サイエルインターナショナル】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約12,300円(2019年2月時点)
取り付けタイプミラー型
本体サイズ310x100x30 mm
画素数300万画素

SLI-ALV360は、
ルームミラー型ドライブレコーダーで、
360度の視野角での撮影に対応しています。

ルームミラーの上から被せるようにして
設置できるドライブレコーダーになっており、
スタイリッシュに収まるのがポイントです。

カメラは300万画素となっているため、
きれいな映像を取れることはもちろん、
駐車中監視モードやGセンサー搭載で
運転以外の映像も記録できます。

イエローハットで隠蔽配線でルームミラー下部の360°カメラ+リアウィンドウ内側のバックカメラを取付けしてもらいました。タッチパネル操作が簡単なのと2つのカメラで前後左右死角なく録画できるのは良かったのですが、360°カメラの300万画素では、ナンバープレートの文字が少しぼやけているため、確実な証拠映像としては微妙かもしれません。

常時バックモニターにもなるので気に入ってます、画質等はまだ取り付けたばかりなので確認してませんが、マー、簡易的なので特に自分は気にしません、駐車監視モードはいいですね、当て逃げされたので、今回購入です、とりあえず今日から安心ですね。

取り付けもバンド固定するだけで簡単ですし、操作もタッチパネルでやりやすいです。前方はもちろん側面・後方まで撮影出来て良いです。画質も私的には満足しております。リアカメラは、社内運転席側上からケーブルを這わせてつけました。問題なく取り付けが出来ました。ミラーも後方視認しやすくとても良いです。

SLI-ALV360は
360度カメラになっているため、
従来のドラレコよりも画質が
落ちているとこの声が多くありました。

ナンバープレートの視認性が
気になるともありますが、
全方位の様子を撮影できるのは
何よりも強みと言えるでしょう。

事故は前方だけでなく後方や
車体横側からも衝突の可能性があるます。

そのことを考えると、
あらゆる事態でも様子を記録できるため、
重宝するドライブレコーダーとなります。

サンコー ミラー型 360度 全方位 ドライブレコーダー

リーフに付けてみた編

SLI-ALV360ではありませんが、
似た製品の動画を紹介しておきます。

カメラは4つのアングルで撮影でき、
ディスプレイで角度をそれぞれ調整できます。

好みのアングルに調整して
画面に表示するモードを設定すれば、
基本的な使い方としては大丈夫でしょう。

リアカメラにも接続できますので、
後方カメラの様子をSLI-ALV360から
確認できるのも大きなメリットです。

まるでスマホを操作するような感覚
SLI-ALV360を扱うことができます。

何よりスタイリッシュでカッコよく、
デザインを重視する人におすすめです。


6位:CARM-TF-2C720P【ブロードウォッチ】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約5,250円(2019年2月時点)
取り付けタイプミラー型
本体サイズ300x83x16 mm
画素数1920×1080

CARM-TF-2C720Pもまた、
ルームミラー型ドライブレコーダーで、
約5,000円の価格が特徴的です。

様々なドライブレコーダーがありますが、
これ以上に安い製品はないと言ってもよく、
その上性能も申し分ありません。

フルHDでの撮影が可能であるだけでなく
後方カメラも付属している2カメラ標準装備
さらに動体検知機能で当て逃げや車上荒らしの
瞬間を記録してくれるのも頼もしい限りです。

安いドライブレコーダーですが、しっかりときれいな映像を撮影できています。後方カメラも付属していますから、とても買い得なドライブレコーダーです。

当て逃げや車上荒らし対策で、このドライブレコーダーを購入しました。ルームミラーの形をしているので目立たず、威嚇としては効果が薄いかもしれませんが、それでも有事の際の映像を保存できるので重宝するかと思います。

前方カメラはフルHDに対応しているが、後方カメラは旧世代のカメラといった感想。画質も良くないが、5千円台のドライブレコーダーということを考えれば、おまけでついてきたと割り切った方が良い。

CARM-TF-2C720Pの口コミは
いずれも安価であることが言及されており、
性能も申し分ないといった感想が
多く見受けられました。

ただ後方カメラに関しては
映像画質が悪いという声が目立ちますが、
価格を考えればおまけ品と
割り切った方が良いのかもしれません。

一方で前方カメラは好評ですので、
いっそのこと後方カメラは気にせずに
前方カメラだけを設置するといいでしょう。

【Broadwatch 】ルームミラー型ドライブレコーダー(CARM-TF-A720P)

CARM-TF-2C720Pで撮影した
映像がYouTubeにあったので紹介します。

昼間の映像になりますが、
前方の看板だけでなくナンバープレートも
ハッキリと読み取れることが分かります。

安価でこれだけの画質があれば、
買って損することはないでしょうね。

ドライブレコーダーの中で
最も安価な製品となっています。

手軽に取り付けることもできますので、
まずはお試しで手に取るのもいいですよ。


ドライブレコーダーに駐車監視は必要?デメリットとは?

車の事故やトラブルは運転中以外にも
駐車中におこりえるものであるため、
駐車監視機能がなければ当て逃げなどを
撮影することができません。

基本的にドライブレコーダーは
エンジンが始動していなければ
録画をしてくれることがないのです。

しかし駐車監視機能付きのドラレコは
本体にバッテリーが内蔵されているため、
エンジンが付いていない時でも
衝撃や動体を感知して録画を始めます。

そのため買い物などちょっとした隙でも
何かあれば録画で状況を保存しますので、
大切な愛車を守りたい人に必須の機能です。

ただ駐車監視機能にはメリットだけでなく、
デメリットがあるのも事実です。

前述したように内臓バッテリーで
駐車監視機能が起動するため、
バッテリー残量がなければ
当然起動することはありません。

常時起動型の製品もありますが、
それだと今度は車のバッテリーが
あがってしまうことになってしまうことに。

そのため駐車監視機能は
一定時間しか起動しないもので、
24時間録画をするものではないことを
覚えておいて欲しいところです。

また駐車監視機能を使うためには
配線も必要になってくるため、
苦手とする人はカー用品店などで
依頼して設置してもらうことになります。


駐車監視がバッテリー上がりの原因になる?対処法とは?


出典:https://minkara.carview.co.jp/

駐車監視機能は本体内蔵のバッテリーで
衝撃などを検知したら起動するものです。

そのため本体はエンジン始動時に
バッテリーの充電を開始して、
エンジン停止後に充電を終えて、
衝撃検知で録画開始するという流れに。

これによって車のバッテリーが
通常よりも早く上がってしまう可能性があり、
気になる人は車のバッテリーではなく、
モバイルバッテリーに接続するといいでしょう。

ただスマホ充電に使用する製品だと
暑い時期には自然発火などの危険性もあるため、
注意しなければならない点もあります。

他にも駐車監視機能を前提した
外部バッテリーを設置する方法もおすすめです。

新車購入に合わせて設置する人が多く、
専用のバッテリーを使って充電することで
バッテリー上がりを心配しなくてよくなります。

長時間でもバッテリーが上がらないドライブレコーダーは?


出典:http://z33.blog.jp/

長時間の駐車監視をおこなう場合、
専用のケーブルを繋げる必要があります。

いくつかのドライブレコーダーがありますが、
その中でもおすすめしたいのが
コムテックの製品になります。

これから紹介する製品は
駐車監視機能を搭載するだけでなく、
13~24時間の駐車監視が可能です。

SDカードの容量も
32GB程度のものであれば
問題なく録画ができるため、
チェックしてみてください。


ZDR-015 【コムテック】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約24,574円(2019年2月時点)
取り付けタイプ一体型
本体サイズ3.25 x 9.65 x 6.2 cm
画素数200万画素

コムテックのZDR-015
2カメラ標準装備のドラレコで、
前後方を綺麗に撮影できます。

別売りのHDROP-09を使用して
ドラレコと電源を接続すると、
13~24時間の駐車監視が可能に。

同ケーブルは常に電源を供給せず、
バッテリーの電圧が低下すると
自動的に供給をストップします。

そのためバッテリー上がりを
気にする必要がなくなりますので、
安心してドライブを楽しめます。

ドライブレコーダー初購入に際し、ブログやメーカーホームページなど調べ、前後に設置することは必須、駐車監視できるものがいい、映りはYoutubeなどで確認し、こちらの商品を購入しました。当初は詳しい方がおすすめしていた安いタイプを前後2台で運用するとか、携帯バッテリーで可動できるタイプを使えば長時間の駐車監視ができるようになるとか、色々インスパイアされました。

影画質も綺麗で前後カメラとも綺麗に撮影できています。また先日遠出をしましたので帰宅後映像確認もしてみました。GPSの上空からの地図でどのあたりを走行中の記録かが判り非常に便利です。ビューワソフトのダウンロードも簡単ですぐに完了出来microSDカードを取出してすぐに再生出来ます。

駐車監視機能も常にONだとバッテリーが心配になりますが、家に停めている時はOFF、買い物中だけONと使い分けが簡単に出来る所がとても便利。モニター表示もフロントカメラ、リアカメラ又はその両方を表示する事が出来るので、ミラーを見て後ろのドライバーと目が合う。不快な事が起こらないのはとても快適

コムテックZDR-015を選んだ理由とは! 前後カメラ、画質、フレームレート、駐車監視機能についてのお話です

ZDR-015を使用して
映像を撮影した動画を紹介しましょう。

撮影された映像は前後方ともに綺麗で、
看板やナンバープレートの視認では
問題がないと言えるでしょう。

衝撃や動体の感度設定も
メニューから簡単に操作できますので、
安心して扱える製品となります。

駐車中の長時間録画を求めるなら、
ZDR-015が一番おすすめです。

専用ケーブルの購入も必要ですが、
大切な愛車を守るための必須アイテムです。


モバイルバッテリーから充電できるドライブレコーダーは?


出典:https://bbs.kakaku.com/

車のバッテリー上がり対策で
モバイルバッテリーから充電をして
駐車監視機能を利用する方法があります。

しかし全てのドライブレコーダーが
モバイルバッテリーに対応しておらず、
USB端子がなければ接続ができません。

これはモバイルバッテリーが
USB端子での接続に対応しているためです。

またモバイルバッテリー側についても
パススルー機能が備わってなければ、
ドライブレコーダーへ接続しても起動しません。

パススルー機能とは、
モバイルバッテリーの充電中でも
他の端末への給電を可能にするもの。

そのためドライブレコーダーと
モバイルバッテリーのそれぞれで
対応した製品を探す必要があります。


GoSafe S36GS1 GSS36GS1-32G【PAPAGO】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約20,323円(2019年2月時点)
取り付けタイプ一体型
本体サイズ2.3 x 9.7 x 5.6 cm
画素数200万画素

ソニー製イメージセンサーを搭載した
ドライブレコーダーになっているため、
夜間でも綺麗映像を撮影できます。

専用のリアカメラも180度と広角で、
情報量の多い動画を記録できるのも
大きな特徴となっています。

また、衝撃を検知すると
自動的に映像を記録し始めるだけでなく、
専用の緊急録画フォルダに保存するため、
既存のファイルを上書きすることもありません。

パパゴの画素400のGoSafe 30G GS30G-32Gと前後2カメラのこの機種と比較して、結局こちらを購入。画素400と画素200で、どのくらい違うのか不安でしたが、他車のナンバーも読めるし、信号の色も良く判る。

まったく問題点なし。安定している。メーカーサイトからPAPAGOCAMってソフトをインストールしてGPSのマップを見たかったけど、これは何か仕様の変更という理由で使えなかった。よくわからない。まぁ、ドラレコとしては問題ない。ケーブルの太さは普通なのかな?長すぎてしまうのが、大変だった。

リアカメラが外付けなので煽り牽制用及び当て逃げ防止の為に購入しました。フロント及びリアの画質は大変綺麗で広角なので左右からの飛び出しなどの証拠映像も撮れます。カスタマーサービスも迅速丁寧なのでヘタな日本メーカーより信用出来ますよ。

口コミでは2カメラ両方とも
綺麗な映像で記録できることに
満足している声が多く見られました。

LED信号にも対応していて
WDR補正機能など充実した機能を
搭載しているのも魅力的に。

2カメラ標準装備もそうですが、
32GBのSDカードも付属しているため、
お得感を得られている人も多くいました。

PAPAGO! GoSafe S36GS1 前後 2カメラ 走行映像

実際に映像を撮影した動画が
YouTubeにアップロードされていました。

映像を見る限りでは画質に問題がなく、
ナンバープレートの視認性もあって
十分な映像を記録してくれています。

夜間のドライブでも
ソニー製イメージセンサーによって
明るく撮影できていますので、
高性能なドライブレコーダーです。

前方カメラ背面には
2.7インチの大型画面を搭載しています。

大きくて見やすく、何よりも
モバイルバッテリーと接続できるため、
おすすめのドラレコになります。


360度カメラの駐車監視が付いたドライブレコーダーは?


出典:https://minkara.carview.co.jp/

360度カメラはその名の通り、
前方カメラだけではカバーできない
範囲も記録できる優れもの。

車体横側への当て逃げはもちろん、
ナンバープレートの視認性も優れており、
もちろん車内の映像も撮影できます。

そのため前方や後方だけでなく、
車内や横側の映像も記録したい場合に
360度カメラはおすすめになります。

HDR360G 【コムテック】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約27,598円(2019年2月時点)
取り付けタイプ一体型
本体サイズ5.2 x 6.6 x 11 cm
画素数340万画素

コムテックのHDR360Gは、
駐車監視機能を搭載している
360度カメラのドライブレコーダーです。

エンジンOFFの状態でも
最大12時間の監視を続けてくれるため、
当て逃げなどの瞬間を逃しません。

駐車監視機能を利用するためには
専用ケーブルHDROP-14が必要で、
車両バッテリー電圧が低下すると
自動的に動作を停止する保護機能もあります。

座席や車内の人などの障害物がなければ、あらゆる方向の撮影ができること。そのため、周囲の自動車等の動きがわかりやすい点。(ただし、本ドライブレコーダーをフロントガラスに取り付けた場合、自分の後方の自動車の動きは、画像が小さくてわかりづらいです。) また、みんなでドライブする際、車内の雰囲気も記録できることも良い点でしょう。

フロント1台だけで全周記録できるのは取り付けが楽。駐車監視機能も安心できる。全周を録画で周囲の車のナンバーを確認するためにはカメラの画素が不足だが、現在の技術では難しいことは納得できる。

細かなナンバーの読み取りまでは必要ありません。事故の際に重要なのは、周囲の様子です。このため、前方のみの中華製ドラレコから国産のGPS付き360度ドラレコに付け替えました。まだ、事故はないですが、とりあえずの対処、これからです。

360度カメラになっているため、
画質には多少不安があるようですが、
それでも状況証拠としては
十分に役割を果たしています。

曲がり角や当て逃げなど、
前方カメラだけではカバーできない部分を
撮影できるドライブレコーダーですので、
安心感も大きいという声もありました。

コムテック ドライブレコーダー HDR360G プロモーションビデオ

HDR360Gの機能を紹介した
動画がYouTubeにありました。

360度のカメラは画質に難がありますが、
映像を見る限りではナンバープレートを
視認することができるようです。

また映像を記録するとGPS機能もあるため、
撮影場所をビューワーで確認することも可能に。

映像は4つのアングルモードから確認でき、
様々な範囲を記録してくれていますので、
取り付ければ運転時の安心感を
得られることは間違いありません。

コムテックは日本製のドラレコですので、
不具合や故障をあまり気にせずに
使用できるのが大きなポイントです。

駐車監視機能やGPS機能など
様々な機能が充実していますので
おすすめのドライブレコーダーですよ。


ユピテルで駐車監視機能があるドライブレコーダーは?


出典:https://www.riskybrand.com/

様々な種類のドライブレコーダーを
販売しているユピテルから販売されている
ドラレコはどんなものがあるのでしょうか?

駐車監視機能が備わったドラレコは
今や当然のように販売されていますが、
ユピテルの製品は別売りオプションで
長時間録画に対応することができます。

OP-MB4000を取り付ければ
車両バッテリーが上がる心配もなく、
最大12時間の駐車監視ができます。

別途オプションが必要ですが、
長時間録画を求めるのであれば
必須のグッズとなります。


DRY-SV1050c 【ユピテル】


出典:https://www.amazon.co.jp/

価格約9,177円(2019年2月時点)
取り付けタイプ一体型
本体サイズ21.2 x 16.2 x 5.8 cm
画素数200万画素

ユピテルのDRY-SV1050cは、
コンパクトなサイズに収まった
ドライブレコーダーになります。

HDR機能やフルHD撮影に対応したモデル
価格も1万円前後で購入することができます。

専用ケーブルで接続すれば、
最大12時間の駐車監視に対応するため
長時間録画が必要な方に最適です。

商品は両面テープで貼り付けますが、本体がコンパクトで、軽いので問題ないと思います。ルームミラーの裏に取り付けると本体がコンパクトなので操作しにくいので運転席側に取り付ける予定です。

感度を調整しなければ段差を通るたびに録画が始まります。しかしいざという時に起動しないと困りますので、ほどほどに調整しましょう。お値段がお手頃な価格帯ですので、これくらいは不便に感じていません。

コンパクトに収まっているドライブレコーダーですので、運転中の視野に入って邪魔になることはありません。映像はフルHD撮影に対応していますので、綺麗に撮影できているのも嬉しいです。

口コミでは本体サイズの
コンパクトさが好評でした。

映像に関しても問題がない様子で、
綺麗に撮影できていることに
満足している様子が窺えます。

何より手ごろな値段で入手でき、
必要な機能を備えているのも
太鼓判を押されています。

DRY SV1050c

DRY-SV1050cを使用して
撮影した映像を紹介しましょう。

動画ではフロントではなく
リアにカメラを設置していますが、
ナンバープレートの視認性が高いことが
ハッキリと分かるはずです。

暗い場所でもしっかりと撮影できていますので、
頼りがいのあるドライブレコーダーです。

1万円前後で入手できるドラレコ
十分な性能を持っているDRY-SV1050c。

初めてドライブレコーダーを
購入する人にもおすすめですよ。


まとめ


出典:https://osusume.mynavi.jp/

駐車監視機能を搭載した
ドライブレコーダーを紹介しました。

改めて今回紹介したドラレコを
一覧表にしてみましたので
チェックしてみてください。

DRV-230VREC-DS600innowa Journey Plus コンボND-DVR20SLI-ALV360CARM-TF-2C720PZDR-015GoSafe S36GS1 GSS36GS1-32GHDR360GDRY-SV1050c
メーカーケンウッドパイオニアNH TechnologyパイオニアサイエルインターナショナルブロードウォッチコムテックPAPAGOコムテックユピテル
価格約12,280円約16,980円約23,880円約14,580円約12,300円約5,250円約24,574円約20,323円約27,598円約9,177円
本体サイズ62x51x37 mm21 x 14.2 x 5.8 cm8.75 x 5.4 x 2.8 cm78.5x68x40.7 mm310x100x30 mm300x83x16 mm3.25 x 9.65 x 6.2 cm2.3 x 9.7 x 5.6 cm5.2 x 6.6 x 11 cm21.2 x 16.2 x 5.8 cm
画素数1920×1080212万画素200万画素300万画素300万画素1920×1080200万画素200万画素340万画素200万画素

駐車監視機能を搭載した製品は
多くのメーカーから多く登場していますが、
今回紹介したのはいずれもおすすめです。

価格やその他の機能などを比較して、
目的に合った1台を手にしてください。

また、他の記事ではGPS機能搭載機種や
2カメラ標準装備の製品を紹介しています。

⇒ドライブレコーダーGPSのおすすめ9選!リアルタイム監視できる機種【最新】

⇒ドライブレコーダー 前後(2カメラ)おすすめランキング2019【最新版】

こちらも合わせてチェックしてもらい、
ドライブレコーダー選びの参考にしてください。

そして2019年度版の
Amazon・楽天で人気の機種を
まとめた記事もあります。

⇒ドライブレコーダーおすすめランキング2019!Amazon・楽天の人気機種まとめ

いずれも評判が高い製品が揃っていますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。






車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】
ドライブレコーダー

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

Kamada・Mをフォローする
ドライブアクセサリー~カーナビやドライブレコーダーの専門サイト~