車のアクサセリー!ヒューズで電源を取ったらダメな理由は?

「車のアクセサリーの電源を
ヒューズから取りたいな~」

と考えるそこのあなた!

でも
「ヒューズから電源をとってはいけない」

という人もいたりして、

「いったいどちらが正しいの?」

と迷ってしまいませんか?

それに、実際ヒューズから電源を取って使う
アクセサリーも売ってますよねぇ。

なんでヒューズから電源を取っては
いけないのでしょうか?

今回は、電源をヒューズからとっては
いけないと言われている、その理由
説明したいと思います。

車のアクセサリーの正しい電源の取り方
紹介しますのでお見逃しなく♪




車のアクセサリーの電源はヒューズで取ったらダメ?その理由は?

それでは車のアクセサリーの電源を
ヒューズで取ってはダメな理由って
なんでしょうか?

sign-slippery-wet-caution-medium

まず、ヒューズの役割について考えて
みましょう。

ヒューズというのが本来
過電流防止のための安全装置なんですね。

「ヒューズで電源を取っては行けない」

というより、

もともと電源を取るためのものではないので

「そういう使い方はやめましょう」

という意味合いで「ダメ」と言われている
ようですね。


シガーソケットは使ってもいい?

シガーソケットから電源を取ることができる
商品も売られていますよね~?

2016y04m30d_145001687

一つのシガーソケットから分岐して
スマホの充電もデジカメの充電も、
カーナビもと使えたら便利ですが同時に
使っても大丈夫なんでしょうか?

この場合、何本までなら大丈夫というより
ワット数で考える必要があります。

車の電圧が12Vとして、シガーソケットの
A数がたとえば15Aだったら

12V×15A=180W

で180Wまで使えるという事になります。
すべてのアクセサリーの消費電力を足して
180W以内であれば大丈夫という事に
なります。

こちらの記事も参考になりますよ♪
車のシガーソケットが使えない!そんな時はコレをする!

アクセサリーの電源の取り方!正解は?

アクセサリーの電源の取り方
見ていきましょう♪

車に詳しくない人はなかなか手が出しにくい
という事もあると思いますが、

一つずつ順番にクリアしていきましょう。

手順

1.ヒューズBOXの位置を説明書などで
確認しまょう。

2.ラジオペンチでヒューズを抜き取り
ヒューズの形状を確認します。
(確認後はヒューズを戻します)

3.検電テスターで通電しているヒューズを
探します。

4.検電テスターで探した純正ヒューズを
ラジオペンチで抜きます。

5.検電テスターで両端のどちらの端子に
電気が流れているか確認します。

6.ヒューズ電源の向きを確認して
差し込みます。

7.4で抜いておいた純正ヒューズを
取り付けたヒューズ電源にセットします。

8.ヒューズBOXのふたを閉めて完了♪

検電テスターの使い方を紹介した
こちらの動画も参考にしてください♪

ヒューズ電源の取り出し方【エーモン】

 

捗る!便利なグッズを使うのがおすすめ

紹介したアクセサリー電源の取り方は、
こちらの便利グッズを使うことで作業が
捗るのでおすすめです。

2016y04m30d_201406807

20Aまで対応したフリータイプの
ヒューズ電源です。

純正のヒューズと替えるだけで電源が
取り出せますよ^^

まとめ

車のヒューズ電源についてご紹介しました。

「ヒューズで電源を取ってはいけない」

というのは本来の過電流防止の役割とは違う
ということから「だめ」と言われているんですね。

もともとは電源を取るためのものでは
ないので、あくまで自己責任という事に
なりますが、便利なのも事実です。

ヒューズからアクセサリー電源を取るなら
紹介した方法やおすすめ便利グッズの
フリータイプのヒューズ電源を使うなどして
見てくださいね。

参考になれば幸いです♪






車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「なびくる+」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。

⇒なびくる+で非公開車両の詳細を確認する


【この記事もよく読まれています】

 

アイテム

車の保険料を節約したい人必見!
車の保険に加入する人の80%が
『比較』をせずに決めています。

※車の査定は複数の業者間で
比較をせずに保険に加入すると
平均で25,000円も損をする
という調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒
・知り合いにお願いされてそのまま加入した
・昔から使って変更の手続きが面倒だから

などの理由からではないでしょうか?

そんなあなたには
車保険の一括見積もりがオススメです。

・複数社で比較するから一番安く選べる
・安くなった分はプランの充実にまわせる
・無料でたった3分で申し込みができる
・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる

比較することで、平均で25000円以上
中には最大50000円お得になった
という声もあります。


⇒平均2.5万円お得になる無料見積もりの詳細を確認する

ドライブアクセサリー 編集部をフォローする



ドライブアクセサリー~カーナビやドライブレコーダーの専門サイト~