スポンサーリンク

カーナビで走行中にテレビを見たい!オートバックスでの工賃は?

基本的に、純正カーナビを取り付けたときは、
走行中にカーナビでテレビを見ようとすれば、
見られない場合が多いです。

車が停止したときにしか見られないのは、
ちょっと不満にも思えますし、
余計に気になってしまいますよね💦

そんな不満を解消するために、
『走行中カーナビでテレビを見る方法』
について色々と調べてみました。

  • 解除する方法とは?!
  • 費用はどのくらい?!
  • 解除キットとは?!

など、知っておきたい様々な問題点や
便利な解除用キットについて、
オートバックスを参考に調査をしてみました。

また、カーナビの操作を解除することが
合法であるのかという違法性についても、
解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

カーナビで走行中にテレビるための解除!オートバックスでの費用はどれくらい?

全国チェーン店のオートバックスでは、
走行中にカーナビの操作の制限を解除する
ための”解除用キットが販売されています。

その参考価格としては、

  • 定価:21,384円
  • 取り付け費用:5,400円

と、かなり高額な費用になりそうです。

でも心配することはありません💡

解除用キットが販売されているのは、
オートバックスだけでなく通販でも購入可能
なので調べてみてはいかがでしょう。

⇒Amazonで最安値を確認する

カーナビの走行中の解除の一般的な費用の相場とは?

カーナビの操作の制限を解除する費用は、
約6,000円~26,000円くらいです。

その方法は、2つあります。

  1. カー用品店か修理工場などで依頼
    解除用キットを使用すると費用は高く
    なります。
  2. 解除用キットを使用しない
    パーキング配線をアースに落とす方法に
    すれば、費用は工賃のみになるので安く
    できます。

解除用キットはネット通販の方が安いの
ですが、カー用品店や修理工場への持ち込み
がOK
か、あらかじめ確認しておいたほうが
いいでしょう。

純正のカーナビは走行中にテレビを見れるようにするのは難しい?

純正のカーナビでも見られるようになります。

決して難しいということではなく、
後付けのカーナビと一緒のことなんです。

新車購入時に純正のカーナビを付けると、
もちろん、操作はできない状態ですが、
あらかじめ”解除用キット”を取り付けて
もらうか、配線をアースに落とす方法

してもらえば、走行中にカーナビを操作
することができます。

純正のカーナビに限らず、どんなカーナビ
にも同じ方法で改善できます。

高い工賃を払うなら買い換えた方がお得?

走行中にテレビを見れるようにする
解除用キットや工賃って高くつくので
いっそ車を買い換えた方がお得になる
なんて場合もあります。

特に純正のカーナビなら査定時に
プラス評価の対象となっているため
その分高く買い取ってくれるのです。

解除用キットや工賃を節約して愛車を
高値で売りたいなら、一括査定サイト
の利用がおすすめです。

一括査定の最大のメリットは、
複数社に同時に依頼することで査定額や
内容を比較検討できる
ところにあります。

買取業者によって、査定額に大きな違いが
でるので高く売れれば、走行中でもテレビ
が見れるカーナビの検討もできちゃいます。

ズバットのおすすめポイント

  • 完全無料で買取相場がすぐわかる
  • 1分で簡単入力のスピード査定
  • 全て優良企業による安心査定

査定と同時に買取相場もWeb上で
確認できるので他社との価格交渉
にも役に立ちますよ。

ズバットで買取相場を確認する

無駄な出費を抑えて、新しい車と
快適なドライブを楽しむためにも
買取相場を知っておくと便利なので
積極的に活用したいものです。

カーナビを走行中に操作できるようにするキットとは?

では、実際に”解除用キット”とは、
どんな商品なのか詳しく見ていきましょう。

通常、純正のカーナビや後付けのカーナビは、
走行中に操作はできないよう規制されて
いますがそれを可能にするためのものです。

車の車種やカーナビの機種によっては、
不適合なものがあるので注意してください。

市販やネット通販で多く利用されている
商品はこちら。

同じものなのですが購入場所によっては、
値段に大きな差があります。

例えば、、、

  • 市販のカー用品店17,278円(税込)
  • Amazon8,500円(税込)

ここで注意したいことは、
カー用品店によっては持ち込みができない
ところもあるので事前に確認してくださいね。

1.走行中にナビの操作をできるようにする方法

上記の”解除用キット”を使用すれば、
誰でも簡単に取り付けることができます。

①下写真の専用コネクターを用意します。


出典;https://www.amazon.co.jp/

②カーナビの裏面にコネクターを差し込む。


出典;https://www.amazon.co.jp/

③切替スイッチでON/OFF


出典;https://www.amazon.co.jp/

キットに標準装備されているスイッチで、
走行中に操作するときには「ON」
操作しないときには、「OFF」にするだけ。

💡注意点💡

車のカスタマイズに詳しい人であれば、
簡単な配線の取り付けではありますが、
はじめての素人には少々難しいかも、、、

もしも分からなければ、ディーラーや
カー用品店などに問い合わせてみましょう。

2.走行中にナビでテレビ視聴ができるようにする方法

これも上記の作業をしていれば、
TV/DVDを見ることができますので、
ステアリングスイッチの「ON」と「OFF」
を繰り返すだけになります。


出典;https://www.amazon.co.jp/

ただし、エンジンを切ってしまえば、
「ON」にしていても自動的に「OFF」
切り替わります。

カーナビを走行中に操作するのは違法になる?

カーナビを操作できるようにすることや、
走行中にテレビを見れることに対しては、
違法ではありません。

しかしながら、運転している人が、
走行中にTVを見ることや操作することは、
決して良いことではなく危険です。

もしも事故を起こした原因が、
カーナビの操作中やTVを見ているときなら、
前方不注意で厳罰が大きく変わることも
あることを頭に入れておきましょう。

助手席の人がカーナビ操作をすることや、
後席者がTVを鑑賞することについては、
問題ないと思います。

走行中には十分に注意をして、
TVやナビ操作は助手席の人に任せるか、
車を止めてから操作するようにしましょう。

まとめ

純正のカーナビや後付けのカーナビでも
走行中にカーナビを操作できるようにしたり
TVを見られるようにすることは、
可能だということが分かりましたね。

でも、その便利さから事故へと繋がる
危険性もあることを覚えておきましょう。

もしも事故をした場合には、
”解除キット”や配線を加工していることを
警察に指摘されれば不利になります。

そんな事を理解した上で、カーナビの
テレビの不具合や取り外し時の料金に
ついてまとめている以下の記事も参考に
してください。

カーナビのテレビが映らない時に確認する設定やカードとは?

カーナビの取り外し料金が高い!相場はいくらなの?

どんな時も安全性を一番に考慮して
安全運転を心がけましょう。

スポンサーリンク

 

車を売る人必見!後悔しない売却のコツ
車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。その理由は、・複数社で見積もりの比較は面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格で、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネット無料の車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で査定額がスグにわかる。

・複数の見積もり比較不要で、手間がかからない

・信頼できる業者のみ!安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒50万円以上高く売れるかも?!一括査定の詳細はこちら

 

カーナビ

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。


⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

ドライブアクセサリー~カーナビやドライブレコーダーの専門サイト~