スポンサーリンク

カーナビのテレビが映らない時に確認する設定やカードとは?

ドライブ中に、カーナビのテレビ
楽しんでいるという人が
結構いらっしゃると思います。

そのカーナビのテレビが写らない!!
この間まで写っていたのに
突然、画面が真っ黒に・・・

そんな状態になってしまったら
私なら、『なんで??え!?』と
きっとアタフタして焦りまくると思います(汗)

修理に出さなきゃ駄目かなぁ・・・
とその前に、まず気になることは
『何が原因なの?』
『どこを確認したらいいの?』

ではありませんか??

自分で解決できるなら、
自分で治したいですよね~
修理代もバカにならないし(^_^;)

ここでは、カーナビのテレビが映らない
という時に、

  • 確認するべき箇所
  • テレビが受信できない原因
  • テレビの音声しか出ないのは故障か
  • テレビの受信感度を上げる方法

をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

カーナビのテレビが映らない!確認するべき箇所とは?

カーナビのテレビが映らなくなった
そんな時、修理に出す前に
自分で確認できる事をやってみましょう。

ここでは、確認すべき3箇所
ご紹介していきますね。

1.設定を確認する

設定の確認から行いましょう。

テレビが映らない場合
住所の設定などに誤りがある場合
があります。

テレビの受信チャンネルには
地域設定があります。
引越しなどで住所が変わったり
旅行などで地域が変わると
電波がうまく受信できず
テレビが映らないという事になります。

地域の設定が大丈夫か
チャンネルスキャンしてみてください。

2.B-CASカードを確認する


https://www.b-cas.co.jp/

色々調べていると、
意外とこのB-CASカードの抜き差し
テレビが映るようになった!!
という人が多くいらっしゃいました。

  • きちんと奥まで挿入されていますか?
  • 誤った方向に挿入していませんか?

一度B-CASカードを確認してみてくださいね。

3.接続を確認する

結構複雑な配線の問題・・・

わかる人なら自分でやれるかもですが
普通はわからないですよね。

とりあえず・・・
自分で確認できるところはチェック
してみましょう!!

  • 映像端子と音声端子は
    きちんと合っているところに
    差さっていますか?
  • アンテナコードはきちんと
    差さっていますか?

を確認してみてください。

また、配線をまとめて束ねている状態
アンテナなどのデータ線も
全部まとめてしまっている人は、
通信状況に悪影響を与える場合
あるので、要注意です。

最小限にまとめるようにしたら
テレビが映るようになる事も
考えられます。

車内を掃除して知らぬうちに
ケーブルが外れていた・・・
なんて事もありますので
一度チェックしてみてくださいね。

カーナビのテレビが受信できない原因とは?

長時間のドライブ中、
我が家には子供がいるので
テレビが見れないとなると一大事!

長時間の移動になると暇を持て余し
グズグズ言い出しますし、
どうにかう映るように・・・
テレビが受信できない原因は何か
調査してみました!

  • アンテナの取り付け位置
  • アンテナなどの配線の接続が
    外れている
  • 配線の断線や接続間違い

が大きな原因のようです。

映像端子の差し忘れや設定の問題なら
自分で出来ると思いますが、
接続については、わからない人が
ほとんどだと思いますので、
ディーラーやカーショップに持ち込み
見てもらう方がよさそうです。

カーナビのテレビが音声だけしか出ないのは故障?

テレビの映像は映らないけれど
なぜだか音だけは聞こえる・・・

『これって故障??』と不安に
思いますよね。

調査してみた結果、
チューナーの不具合の場合が多い
ようでした。

また、パーキングケーブルが外れている
映像だけ映らなくなる場合もあります。

チューナーの不具合の場合

  • ナビは問題なく使える
  • DVDも再生できる

という状態の事が多いようです。

パーキングケーブルが外れているか
確認する場合、MENUの”情報設定”
【車両信号情報】というところで
確認できるようですので
一度確認してみてください。

カーナビのテレビの受信感度をあげる方法はある?

テレビが見れたとしても
不安定な状態で、映ったり映らなかったり。

そんな状態では、なかなか落ち着いて
運転に集中できませんよね??

そこで、カーナビのテレビの受信感度
上げる方法があれば・・・
調査してみました!!

まずチェックする点として

  • ETCやドライブレコーダーなどの
    電源配線とアンテナ線を束ねない事
  • ETCやドライブレコーダー、GPS線などの
    平行配線・一緒に束ねる事はしない事

を確認してみてください。

また、古い純正ナビの場合、
アナログアンテナ配線が残っていて
電波感度の妨げになっている事もあります。
アナログアンテナを撤去し
デジタル配線に変更する事で
感度が上がる事もあります。

もっと感度を上げたい場合、
《4×4デジタルチューナー》をつけると
とても感度がよくなります。

https://www.amazon.co.jp/

4×4デジタルチューナーを付けて
配線の注意も確認すれば
格段に感度は上がると思います。

ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

映らなくてビックリしたかと思いますが
自分で可能な限りチェックしてみて
改善できると良いですね。

感度も上げていけたら
きっとこの先安定して見れると思います。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

車を売る人必見!後悔しない売却のコツ
車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。その理由は、・複数社で見積もりの比較は面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格で、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたにはネット無料の車査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で査定額がスグにわかる。

・複数の見積もり比較不要で、手間がかからない

・信頼できる業者のみ!安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。

⇒50万円以上高く売れるかも?!一括査定の詳細はこちら

 

カーナビ

車の買い替え!後悔しない探し方

車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。

※「非公開車両」とはネット上に出回らない条件の良いクルマです。
※「非公開車両」は公開車両の何倍もあると言われています。

もし公開車両を自分で探すと、

・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない
・自分で調べる手間が大幅にかかる
・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない

など悩みが尽きません。

しかし、「非公開車両」を扱う
「ズバット車販売」
なら申し込むだけで、

・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える
・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる
・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える

など、メリットがたくさん。
自分で時間をかけて選んた後から、
故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。


⇒ズバット車販売で非公開車両の詳細を確認する

ドライブアクセサリー~カーナビやドライブレコーダーの専門サイト~