夜間でも高性能なドライブレコーダー!おすすめ5選!

最近、ドライブレコーダー
自家用車に付けている人が
増えてきています。

万が一、事故をしてしまった時
映像の証拠として見れる事で
事実がハッキリするので安心ですよね!

でも、録画された映像が
ぼやけていたり、白く飛んでいたり
しっかり写っていない。

なんて事になったら・・・

ドライブレコーダーを付けている
意味がないですよね?

特に夜間は暗いし、ライトで反射
白くぼやけてしまったりするかも
不安になりませんか?

そこで!!

この記事では、夜間でも高性能
ドライブレコーダーを厳選して
ご紹介しようと思います。

暗い夜道こそ、万が一に備えたい
ですよね?

これから購入を考えている人は
ぜひ参考にしてくださいね☆




 

夜間でも高性能なドライブレコーダーは?おすすめ5選をご紹介!

車でのいざという時に役立つ
ドライブレコーダー

最近では、様々な機能が搭載され
高性能な物が沢山あります。

私は車を運転する時、
夜間が一番神経を使います。

対向車のライトが眩しく感じて
前が白くなってしまって”ヒヤリ”とする
なんて事、ありませんか?

夜間のドライブこそ、
ドライブレコーダーでしっかりと録画
いざという時に備えたいですよね!

ここからは、夜間でも高性能
ドライブレコーダーを5つ
ご紹介します!

参考にしてみてくださいね。

その1.コムテック:HDR-351H


出典:http://www.e-comtec.co.jp/

コムテックのHDR-351Hです。

こちらは、とにかく夜間の映像が明るく
視野角も視野角168°と広いのが特徴です。

HDR/WDRで白飛びする事も無く、
昼夜問わず、映像は満足できるレベル
だと思います。

こちらが実際の映像です。

十分な明るさでしっかりと写っていますね!

これだけ明るければ、安心度も高いです。

Amazonで探す

楽天市場で探す

その2.ユピテル:DRY-ST700c


出典:https://www.yupiteru.co.jp/

ユピテルのDRY-ST700cです。

こちらは動体検知録画機能搭載
物が車の前で動いただけで録画するので
駐車中も安心です。

1分間何も無ければ録画終了し
無駄もありません。

しかも、夜間の明るさは標準以上
かなり精細に写っています。

こちらが実際の、昼と夜の映像です。

こちらは350万画素の超高解像度録画
細かなところもしっかり写っているので
とても安心ですよね。

Amazonで探す

楽天市場で探す

Sponsored Links

 

その3.ケンウッド:DRV-610


出典:http://www.kenwood.com/

ケンウッドのDRY-610です。

この機種は、フルハイビジョンを超える
3メガの高解像度録画を実現し、
ナンバープレートなどの細部まで
しっかりと録画されています。

さらに、逆光やトンネルの出入り口など
明暗差が激しい時におきる
「白とび」なども起こらず、

明瞭な映像になっています。

こちらが実際の映像です。

こちらは、夜間の小雨の時に
録画された映像なのですが、
綺麗に写っていますよね。

反射しやすい雨の夜でも
このクオリティーなら安心です。

Amazonで探す

楽天市場で探す

その4.パイオニア:カロツェリアND-DVR10


出典:http://pioneer.jp/

パイオニアのカロツェリアND-DVR10です。

視野角127°で、広範囲を
鮮明に録画出来て衝撃映像は自動録画

さらに、207万画素
CMOSセンサーを搭載したカメラ
Full HD録画に対応しているので
ナンバープレートもくっきりと写っています。

こちらが実際の映像です。

こちらは夜間の雨の時の映像ですが
反射もほとんど無く、鮮明に写っています。

Amazonで探す

楽天市場で探す

その5.パナソニック:CA-XDR51D


出典:https://panasonic.jp/

パナソニックのCA-XDR510です。

WDR+HDRの画像補正技術搭載
とにかく鮮明な映像が特徴です。

昼夜問わず、自然に近い映像で
いざという時の証拠には最良の映像
だと思います。

さらに視野角147°と、かなりの広範囲で
歩行者や自転車などの映像も
しっかりと録画されるので安心ですね。

こちらが実際の映像になります。

後半に夜間の映像が流れますが
昼夜問わずかなり鮮明ですよね。

Amazonで探す

楽天市場で探す

夜間に撮影するドライブレコーダー

  • 視野角の広さ
  • 夜間映像の明るさ

最低限求めて選ぶようにしましょう。

You Tubeに、見たい機種名を入れると
動画が沢山出てきますので
チェックしてから購入すると良い
かもしれませんよ!

Sponsored Links

 

ドライブレコーダーは夜間も必要?防犯対策にもなる?

ドライブレコーダーは夜間に必要か
色々調べてみました。

夜間に必要とされる理由は

  • 夜間は視界が悪くなりやすく
    事故も起こりやすい
  • 夜間の駐車中の防犯対策として

が多かったです。

夜間の視界の悪さによって
事故が起こりやすいようです。

実は、事故による死亡事故

  • 昼間48.7%

夜間51.3%
と、夜間の方が割合が高いんだそうです。

交通事故自体は、
昼間の方が起こっているそうなのですが・・・

事故の大きさは、夜間の方が大きい
のだと思います。

さらに、夜間は車を荒らされたり
当て逃げされるなどの犯罪
増加します。

防犯対策として、ドライブレコーダーを
付ける人も多いようです。
次の章で、詳しくお話しますね。

いざという時の為にも、
明るく鮮明な映像が撮れる
ドライブレコーダーが必要ですね。

ドライブレコーダーの夜間駐車監視機能とは?

夜間のドライブレコーダーの必要性
として、駐車中の防犯対策
という声もありました。

ドライブレコーダーには
【夜間駐車監視機能】が搭載されている
という機種が多々あります。

夜間駐車監視機能とは・・・

  • 駐車中も録画を常時行う
  • 車の近くで動きがあると感知し
    即録画モードに切り替わる

など、エンジンをかけていなくても
録画を行う事が可能になります。

当て逃げや車上荒らしなど
現代の悪質な犯罪が起こってしまっても
しっかりと映像に残っていれば
対処のしようもあります。

こちらの映像は、実際の
駐車中の当て逃げ映像です。

大事な愛車を守る機能ですので
駐車監視機能が搭載された機種
選ぶと安心ですよ。

Sponsored Links

 

まとめ

いかがでしたか?

この記事では・・・

  • 夜間でも高性能なオススメ機種5選
  • 夜間は事故が大きくなりやすく
    証拠として映像を残すために
    ドライブレコーダーは必要
  • 夜間駐車監視機能があれば
    当て逃げや車上荒らしなどの
    防犯対策にもなる

という内容をご紹介しました。

夜間でも高性能な機種
ご紹介しました。

夜間によく運転をするという人は
勿論なのですが、夜間は駐車している
という人にもおすすめなんです。

犯罪の抑止力にも繋がる
ドライブレコーダー。

選ぶ機種によって、機能も性能も
様々です。

しっかりと映像を前以て見てみたり
機能を確認してから購入しましょう!

夜間こそ、安心して運転できるよう
参考になれば幸いです。






車を売りたい人必見!後悔しない売却のコツ

車を売った人の実に80%以上の人が『比較』せずに車を売ってしまっています。

※車の査定は複数の業者間で
『比較』することで、
平均16万円も査定額がUPするという調査結果が出ています。

なぜこんなことが
起こってしまうかというと、

・複数社に車を持って行って見積もりを
出してもらうのは面倒
・相場がわからないからダマされた
・急な転勤で引越しに追われて時間がない
・買取の交渉をする自信がない
・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう

などの悩みがあるからではないでしょうか?

そんなあなたには車のネット査定がオススメです。

ネットで申し込むだけで、

・かんたん入力で愛車の査定額が
スグにわかる。

・複数社の見積もりを取る必要がないから、
手間がかからない

・信頼できる業者しかいないので、
安心して査定を任せれる

・査定をしたことがない
女性や年配の方にも親切

・複数の業者間の見積りを『比較』
するから、高額買取が期待できる

・高く買い取ってもらうことで、
浮いたお金を次の車の購入資金に
回すことができる

また下取り相場を知ることで、
見積もりで買い叩かれる心配がないですし、
価格交渉の引き合いに出す材料になります。




車を一括査定で楽に売るコツ!
車を売りたくて一括査定を申し込んだら
業者から電話が鳴り続けて対応が大変で面倒・・・

そんな悩みがある方は、無料で愛車の最高額がわかる
『ユーカーパック』がおすすめ
です。

ユーカーパックが人気な理由とは

  • 1度の査定で最大2000社が公開入札
  • 電話連絡はユーカーパックの1社からだけ
  • ディーラー下取りよりもお得♪
  • 複数の業者と会ってやりとりをしなくて済む
  • 完全無料で査定できる♪

など、車に詳しくない・交渉が苦手と言う
人でも簡単に利用することが出来ます。

また相場が事前にわかれば、買取業者に
安く買い叩かれる心配がありません。

⇒ユーカーパックで無料査定の詳細を確認する


【関連する人気記事】